常に健康でありたいと思っていても、急に病気になることもあります。時にはそれが感染症と言うケースもあります。感染症と聞くと、特殊な病気もイメージがありますがしかし、いつ誰でも起こりえる病気です。

感染症について知ることでアモキシシリンの有用性がきちんと認識することができます

■感染症はどうやって起こるのか
感染症は細菌やウイルスによって引き起こされる病気です。たとえばブドウ球菌や肺炎球菌からさらに淋病の原因である淋菌などさまざまな菌が病気を引き起こすのです。感染症の場合にはその経路が、常に問題となるのです。一般的な次のような経路があります。

情報源■アモキシル(アモキシシリン500mg)の個人輸入なら任せて安心アイドラッグマート http://www.idrugmt.asia/drug/amoxil.html

まずは飛沫感染です。飛沫感染は話すことや咳やくしゃみなどで唾などが拡散します。2~4メートルくらいは飛沫で広がります。飛沫感染の対策としてやっぱりマスクによる防止が中心となります。他には経口感染があります。これは細菌やウイルスがついた食べ物を食べることで口から感染してしまうのです。

夏場だと暑さなどで細菌やウイルスが繁殖して起こることが多いです。また家族では、食べ物をこどもにあげるときや食器などからも感染することもあります。口移しを控えたり、また食器を清潔にする、煮沸するといったことで防げるでしょう。あとは、接触感染があります。

これは細菌やウイルスの感染者が例えば食器やまた部屋のドアノブなど家の至るところをさわるだけでもそこに細菌やウイルスが付着し、そこをさわった人の手に付着しそれが口や鼻から体内へと入っていってしまうのです。これらのような経路や感染ルートをへて、感染症は起こります。

常にうがいや手洗いをしたり、また消毒も効果的です。さらにもしも家族などで感染症の患者が出た場合には、あまり家族との接触を避けるようにするためかなも部屋を変えて、あまり触れないようにしたり、また早めに病院へいき、抗生物質を処方してもらいましょう。

■アモキシシリンで治る病気とは
抗生物質といってもいろいろなたいぷかあります。ここではそれらのなかでも、よく使われている抗生物質、アジスロマイシンとともに広く使われているアモキシシリンをみてみましょう。アモキシシリンは、ペニシリン系の抗生物質で、大人から子どもまで使われています。

特に子どもの場合には、呼吸器系や耳鼻科系などにて、処方されることが多いです。このアモキシシリンはグラム陽性菌やインフルエンザ菌、大腸菌やピロリ菌、ブドウ球菌や肺炎菌や淋菌や梅毒トレポネーマなどに効くとされています。アモキシシリンが効く菌もいろいろとあることがわかりますが、さらに治る病気としては次のような病気があります。

皮膚感染症やリンパ節炎があります。皮膚の病気をなおしてくれます。さらに、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、マイコプラズマ肺炎、呼吸器系の炎症や二次感染症にたいして効きます。内蔵に関連するのは、膀胱炎、腎盂腎炎、男性ならではの前立腺炎、副睾丸炎があります。

あと性器に関するものとしては、クラミジアや梅毒、淋病、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎などがあります。他のものとしては子どももなりやすい中耳炎から高齢者に多い歯周組織炎などが挙げられます。

■服用は続けること
こうした症状が発症した場合には、抗生物質を飲むことが必要です。飲まずに治すことはかなり厳しいでしょう。さらな淋病のようにどんどんと悪化する可能性もあるので、早めの服用が大切です。さらに見た目によくなっていても、実はまだ細菌やウイルスが残っていることもあるので、長く服用することが必要とされるのも、抗生物質の特徴といえるでしょう。